読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生の自転車日本縦断

東北に住む野生児です。一応大学生しています。2016年の夏に宮城県から沖縄県まで自転車で完走しました。そのまとめです。

日本縦断1日目:仙台→郡山(福島) 125km

こんにちはです。

ぼちぼち日記の方書いていきたいと思います!


さあ、いきなりですが
みなさんイメージして下さい。みなさんの想像力溢れるイメージが僕のブログには不可欠です。さあ目を閉じてください。
時は遡ること8月15日。太陽がギラギラ照っており、セミの鳴き声があちらこちらに、自転車を漕げばすぐに汗が滴っていく。

仙台という地から、僕らの自転車日本縦断の旅は始まった。
素人感はんぱない旅程だけ載せておきます。


8月15日、自転車日本縦断・1日目。目的地は福島県、第2の都市郡山。距離は125km。山をみっつくらい超えないといけないので、いきなりハード。しかし僕らの冒険心は留まるところを知らなかった。

僕は朝6時半に起床。旅でいろんな出会いがあるようにと祖母が作ってくれたゼッケンを受け取りに祖母の家に。相変わらずの孫ラブな対応でした。そしてゼッケンの完成度が非常に高い!

宮城→沖縄チャリ走。そして僕らの高校の名前を背負っていくという意思です。ありがとうばあちゃん。おれ完走するよ。

そして、ばあちゃんは「持ってけ」と吐き捨てるように僕の手に3万円も握らせました。涙をこらえながら僕は完走を約束し、祖母の家を出発した。

どんな冒険がまってるんだ?某ルフィではないけれど、ほんとに胸の高まりを感じました。クラス替えや転校など、新しい環境になるとワクワクと不安が混じるあれです。自然とペダルを踏む力が強くなり、30分で仙台中心街に到着しました。
8時には仙台に到着し、友達と合流。相方マッスルも気合いが入ってる模様。
ほんとにたまたま公園で遭遇した、高校の頃の友達に旅立ちの瞬間を写真で撮ってもらいました

いい顔してんな!
さらば仙台。
たわいもない話をしながら仙台の中心街を抜けていった。4号線をひたすら下降していきます。その日通ったところをあげると
仙台→大河原→白石→国見町→伊達→福島→二本松→本宮→郡山

ですね。どんだけ市またいでんだよ笑

ちなみにこの日のボスキャラは、国見町。こいつは宮城県福島県の県境ってやつですね。


こんなかんじですね。ほんとにひたすら南下です。仙台市を抜けると


やっぱ、仙台市民がプチ遠出となったら、この橋ですよね、あー旅してるのか!と実感持てました。日差しはそれほどはなく、走りやすかったです。
岩沼突入~

初日の昼飯の記憶がないです!
おそらくコンビニで済ませた気がする。
たぶん焼きそばパン食った気がする。
まあ置いときましょう。


阿武隈川ですね!4号線だけじゃ、つまらないので、並走してる道路みつけたらそっちの道で走っていきましょう。国道からは国道の景色しかのぞめません。ここは河川敷みたいでよかったです。
そーゆーところにいい景色は転がっていますたぶん!サッカー部だったので土手にあるサッカー場をみてしまうと、ついつい1枚取ってしまいます。
ちなみにマッスルは野球部です。

大河原入りましたー
千本桜で有名ですねー春だけ人はんぱなく多いです。ぜひ四月は大河原の桜を見に宮城県に来てください!桜のテーマパークです

白石市突入!!!
仙台、大河原、白石、とりあえず、県内ラストシティ。まだ45kmほど。郡山まで80kmあります。しかし疲労感は少ない。

この頃からマッスルが「おしりがいたい」と言い始める。マッスルは体重が重いため全体重がおしりにくるんですね。体重ある人はクッションとかしっかりサドルにつけましょうね。
ちなみに、マッスルはクッションつけて痛い痛い言ってました笑
がんばれマッスル。とりあえず福島県へガンガン進む

白石のコケシ。

ここから徐々に起伏が激しくなってくる
いやー坂しんどいしんどい
マッスルがケツ痛い連呼するようになる。
大丈夫かマッスル

そしてやっと国見町突入。
いやーまあまあきつかった。
マッスルはここらへんでついに
「まって、ぜったい血出てる。」
ということで急遽コンビニへ。
マッスルはトイレに行き、待つこと数分。
マッスルがきた


「でてなかったわ」


さすがに笑いました。
そして、さっきからずっと桃の看板を頻繁に見るので
そして福島は桃が有名なのもあり、モモを食べようということに。

坂を登る途中にあった、市場のようなところに寄ってみた
おばちゃんがいたので
「こんにちな!冷たい桃食いたいんですけど!」
というと
「桃ねー!ちょっとまってて!主人呼んできます!」のこと

で、客は入れない、商品の冷凍室のようなとこに連れてかれました

するとコワモテのおじいさんが桃を2つくれました。もちろん丸かじり🍑
とても冷たくて甘くて、ホントに疲れが吹き飛びました。身体中の細胞が喜んでいました。

冗談抜きで、今まで食べたももの中で1番うまかった


ぼくらは自転車で沖縄まで行くということを告げると、かなり驚いて、なんとタダでもうひとつずつくれました。さらにバナナも

かなりお腹いっぱいになりました。果物ってすげえ
昼ごはんの記憶ないっていうのは、果物でお腹いっぱいで、たべなかったんですね思い出しました

ちなみにマッスルはバナナが嫌いでがんばってたべてました。
応援の言葉をもらい、また来ます!と言い、ぼくらはそこを後にしました。
ほんとうにおいしかったです。ごちそうさまでした!

食べきれなかった桃はポケットへ。なかなかシュールな絵。小学生か。



手ブレごめんなさい笑
綺麗な景色
国見町を抜けると、市街地っぽくなってきました。
伊達市に突入です
いよいよ福島市


わたし田舎出身なのに、こーゆー田舎道みると、パシャリと撮りたくなっちゃうんですよね。お許しください。

伊達市からは信号が現れ始め、休めることが増えました。体力もまだ余裕でした。
相変わらずマッスルはケツ痛い。

そしてついに!!!

福島駅到着!いやー約80km。がんばったがんばった。

お疲れのご様子
このとき16時。郡山なんじつくかなー。21時にはつけるかなくらい。
とりあえず、ロッテリアで休憩。
コーヒーシェイクが体に染み渡る。
疲れた時の甘い物はほんとにやばいです。

福島の花時計

美しいですね

福島駅見て感じたこと。

仙台駅すげえじゃん。
仙台市民は仙台駅ざこいとか言うけども、
いやいや全然素晴らしいよ仙台駅。
すべてがそろってる。
福島駅は1時間もあれば散策おわります。笑
異文化を知ることで、自文化を知る
とはこのことですね。

休憩終了で、郡山へ。
薄暗くなってきました。
セッセセッセと漕いでいきます。

45kmはだいたい3時間で着くのですが、そうはいかなかった。
とにかく坂がきついきつい。
登れば下りもある。でも平坦のほうがいい😭

あれよあれよのうちに時計は19時を回る。暗くなってくると、やっぱり焦りますよね。早くたどり着かなきゃって。
小学生のとき、遠出して、日が沈んで、早く帰らなきゃというような心境です。

安達サービスエリアで、やきそばをたべる。
ふつーのやきそばなのに、ほんとうまい。
チャリのおかげだ。ありがとう。

そこで旅のじいちゃんたちと遭遇し、今日はここで泊まっていけとアドバイスをもらうが、すぐに出発する。
ここで足を止めたら、あしたの郡山→栃木が辛くなるんじゃ。

しかしきついきつい。[
それもそのはず。市というより山じゃねーか。
しかしペダルをまわすまわす。マッスルのおしりも調子いい模様。

途中観覧車をみつけたので、パシャリ
どこなんだろうこれ
福島県民の人おしえて笑


そしてついに21時

郡山駅到着。いやー疲れた疲れた。そして腹減った。
福島に住んでいる友達にテント張れそうな所を聞き、いざ出陣。
郡山と福島はどっちが栄えているんだ?

ちかくの吉野家でめしをすませて、寝る場所探し
日本大学工学部のちかくの川のほとりがいい感じだったので、そこにテントを張る。
しかし、テントの貼り方がイマイチ分からず40分くらいかかりました。ほんと焦りました。
ベッドがあってまくらがあってというのは、幸せなんですね。寝る場所があるって幸せなんですね。
ってことで無事1日目終了。
辛いですが、それ以上に達成感と楽しさが上回りました!
1日目:仙台→郡山(福島県)
125km完走

日本縦断の持ち物

お久しぶりです!

資格の勉強やら、旅行やらで、更新できませんでした。申し訳ございませんm(_ _)m

ってことで、いきなり本題に入っていくんですが

日本縦断の持ち物

ですね!

大きく三つに分けていきたいと思います!

①自転車関連

自転車・・・ホームセンターで友人が買ったもの。5000円で譲ってもらいました。アメリカンイーグルというメーカー。クロスバイクです。ちゃんとしたチャリじゃないとできないなんてことは全くないです。安いもので大丈夫です。ただママチャリはきついとおもいます。笑
ほんとに

サイドバック・・・オートリーブの完全防水のバッグ。1万3000円。
こいつはほんとに最初から最後まで最高でした。フック一つで取り付けられるので楽だしストレスたまらないし。そして、中のものが濡れるなんて一度もなかったです。
今考えるとこいつ以外ありえません。
ありがとう。

キャリア(荷台)・・・ミノウラのブラックキャリア。2000円。簡単に言うとママチャリのうしろについてあるあれです。このキャリアにサイドバックをとりつけます。こいつも取り付け簡単で、トラブル0でした。ありがとう。

ライト・・・キャッツアイのライトです。2000円ほど。明るくて、電池も切れずによかったです。ありがとう

とりつけゴム・・・百円ショップで購入!テントをキャリアにむすびつけました。その他にもドリンクをむすびつけたり、いろいろ便利でした。ありがとう。

修理用品・・・こちらも百円ショップで購入。トータル1000円ほど。これくらいで充分だと思います。不安な方はタイヤのスペアなどももっていきましょう。

以上チャリ用品ですねー。まあ自転車買わない方なら2万もあればたりそうですね。

続きまして
②生活用品
これは個人差があると思います!
まず僕達は野外宿泊を夢に見てたので
テントを購入しました。1万ほどで買えましたが、現在こちらはお取り扱いしてないようです😭
台風にも耐えたので、すばらしい耐久力だとおもいます。また大きくないので、そこもgoodです。

LEDランタン・・・Amazonのものを購入しました。アンティークでかっこよいです。ややバッグ内のスペースはとりました。こいつがなかったら、テント真っ暗で泣いてたと思います。ありがとう。

マット・・・テントで寝る際のマットですね。移動時にはこいつも丸めて、ひもでキャリアにとりつけます。

歯ブラシ、歯磨き粉、コップ・・・もっていきましょう。旅中も磨きましょう。

タオル4枚くらい・・・汗ふく用。風呂用。衛生用。たぶん3枚でもたります。

体を洗うやつ・・・百均でかいました。おまえがいなかったら、くさかった。ありがとう。

虫除け・・・寝るとき、キャンプ泊のとき。基本チャリの走行中は刺されません!

日焼け止め・・・ぼくの相方は持ってかないで後悔してました。ほんとにぴりぴりします。ぜったい持っていってください。ぼくは海などで多少焼けていたので大丈夫でした。

シーブリーズ、匂い消し(ファブリーズ)など・・・たまに風呂に入れないときもあります。そういうときは衣服にかけましょう。基本3日に1回コインランドリー行きました。普段縁のないコインランドリーに感謝できます。

日記帳・・・これはつけてたほうが面白いとおもいます。あとレシートは残してこーゆーのに貼ったほういいですね。ぼくたち後悔しました。

すいとう・・・コンビニなどで飲み物をかったとき、やはり保冷機能があるものに移すと便利です。炎天下でも冷たい飲み物が飲めます。これはでかいです。

と以上です。ぼくらが使ったのはこんなもんでした。ここは個人差が出ると思います。自分の体質などと相談してしっかり決めましょう。

③衣服

衣服。まあ服は着ましょう。日焼け怖いと思いますが、半袖半ズボンでも大丈夫です。むしろ快適です。しっかり日焼け止めは塗りましょう。塗らないとこうなります。

これ二日目の栃木ですよ?焦りました笑
すぐに国籍かわります。気をつけましょう。
半袖3着。半ズボン3着。靴下四つ。防寒着、パーカーみたいなの一つ。あと雨を弾く上着ひとつはほしいですね。そんなもんでしょうか。
あまり持ってくとかさばるので、最低限で十分です。
あと水着ももってきましょー!たのしいですよ

とまあいじょうです。読者の方もワクワクしてきましたね。分かりますそのきもち!

おそらくトータル前準備で、4万ほどだと思います。あとぼくらは学生というのもあったので、夏休み中に往復するのは不可能だったので、帰りは飛行機です。ゆとりですいません。なので帰りの飛行機代も含めたら5万くらいだと思います。
まあ金なんて気持ち次第でいくらでも減らせます。まあでもケチケチはしないでくださいね。

それでは、次回から旅の記録を記して行きたいと思います!
感動してくれたり参考にしてくれたら嬉しいです!

日本縦断の費用 日数 距離

こんにちは~元気な大学生です

はい!

今日は、自転車で日本縦断する際にでてきた様々な問題について紹介していきたいと思います。

まずこの自転車日本縦断ですが、「社会人が大学生のうちにやっとけばよかったこと」のかなり上位にランクインするそうです。だから何だと思う方もいますでしょうが。
社会人になって忙しい日々に追われ、思うようになるようですね~ぜひトライしましょう!

まず大きくわけて学生さんの悩みは3つではないでしょうか?

1つ目:費用💰💰💰
やはりまずはこれでしょう。日本縦断するわけですから、下準備や、旅中の食費、飲み物代、パンク修理、観光地での出費、夏だったので台風の際のホテル代、いろいろ掛かりました。後ほど細かく記載しますが、私の場合8月15日に宮城を出発し、9月11日に宮城に帰ってきて、使った金額は15万円です。これでもまあまあ抑えた方ですね。
おおまかに分けると

下準備:3万円(自転車はもともとあったやつに荷台をつけたので含みません。完全防水のバッグやその他もろもろ)

旅中
🍙食費5万円(朝はすき家さんによくお世話になりました。あとはコンビニで簡易的に済ましたりですね。昼や夜は贅沢した日もありました(^^))
🍹飲み物代1万5000円(これは個人差がありますが、とにかく喉乾きます!!!そして坂や峠を登りきった時の炭酸は神味です!ほんとに神なんですよこれ。飲み物には惜しまないでください)
🏨宿泊費 3万円(大学生ということもあり、友達がいる県には友達宅に泊まらせていただき抑えることができました!台風のときはホテルつかったりですね、テントは3回ほど使いました)
💰雑費 3万程度(自転車トラブルや、観光費や、お土産等ですね、京都でたくさん使いましたね、使っちゃうよ、大学生だもん、)

ざっとまとめてこんなもんです。まあ個人差ありますねこれは。レシートとか残すと後々計算に役立ちますね

2つ目:日数📅📆

だいぶとばして3週間ちょっとで沖縄まで着きました。この日数だと、要所要所ポイントを絞っての観光になりますね。僕達は、京都、広島、山口を観光しました。
あ、今更ですが、私は高校時代のダチと一緒に日本縦断しました。笑
今更ですねすいません。なので相方とのペースの相談にもよります。
もちろん旅中は、自分の県にいないわけですからバイトもできませんので、そこはしっかり店長に話しましょう。
「沖縄までちゃりで行くので」と。
自分の場合、親は快諾してくれました。「食費浮いて助かるわ」と。なんか切なかったよね。
あと彼女は「は?もう知らねえ」と一蹴されましたね(沖縄のお土産あげたら普通に許してくれました)
日数はかかります1ヶ月は見積りましょう!

3つ目:距離
これはルートにもよりますが、チャリで漕ぐ距離は約2000kmです。これは運動量の高いサッカー選手が200試合ほどで走る距離です。めっちゃ、わからないですねすいません。
まあ1日100kmほどですね!きつさは距離ではなく地形によりますね。僕達はほんとに泣きそうになったのは5箇所ほどのみです。けっこうありますね。はい。
あと筋肉痛はひどいですね。自分たちはよく寝る前に銭湯に入ってたので緩和されました。
余談ですが、もし見知らぬ男女2人👧+👦で日本縦断したら確実にカップルになって帰ってきます。👦❤️👧これは宣言します。それほど絆は深まります。彼氏彼女が欲しい方は意中の方と自転車で日本縦断をオススメします。

ざっとまとめてこんなもんですね!
たしかに費用もそれなりにかかりますし、日数も必要です

距離なんて生涯漕ぐチャリの距離くらいって人もいるかもしれないです。🚴

それでも
それでも
私はこの自転車による日本縦断を強く強く、オススメします
それほど色んな出会いや、新しい自分、限界を超える素晴らしさ、数々の絶景
自分の生活から脳への刺激が10代のころに比べて弱くなるのは、おそらく必然です。
そんな方にこそ、ぜひ行ってほしいです。

次回は旅の準備について紹介していきます!ジャスティ

自転車日本縦断のキッカケ

こんにちは~元気な大学生です

宮城から沖縄へ自転車で横断。

まず、誰でも疑問に思うはずなんです
「なんでチャリなの?バカなの?」と

ということで「日本縦断を決心したキッカケ」から書いていきたいと思います🗿

時はさかのぼること、大学2年生の夏。
毎日往復3時間かけて大学に通い、たのしい講義を受け、アルバイトをして、友達と遊んで、彼女と遊んで、時に英語を勉強したり、まあ充実してる日々を送っていた。

しかし心のどこかの「リトル私」が叫んでいたのです。「こんなのつまらない」と。
私はその声が聞こえたので、必死に耳を傾けました。しかしながら何をしたいのかは、リトル私も分からなかったようです。

そしてある日、つまらない講義に退屈してた私は、Googleマップで遊んでいました。
そして、マップに私は出発地(仙台)とし、到着地(沖縄)で入力し調べてみた。

なんとそこには

歩いて13日で着くだと!?もちろん寝ないでですが笑

そこでリトル私は、私に言いました。「チャリならもっと速く着くぞ!行くぞ!」

リトル私が騒いでいました。確かに私自身、高校サッカーで燃え尽き、それ以来は充実してても、どこか満たされない生活が続いてました。

部活や受験勉強で流れる汗が綺麗だと思えてたあの頃。そんなあの頃を思い出したい。日本中の絶景も見てみたい。
そして私も即決しました。「そうだ沖縄にいこう」

これが始まりです。ここまで読んでくれた皆さん苦笑いしてるの見えてますよ。

そこで自分で日本縦断を決定をしたのはよかったのですが、いろいろ問題がでてきました。

次はその出発前の問題を中心に紹介していきます!

はじめまして!

こんにちは、東北に住む元気な大学生です。

2016年の夏休みに自転車で日本縦断しました。正確に言うと、宮城から沖縄までですね。距離にして2400km。普通行きませんよね。

そのときにみた日本の絶景、通ったルート、オススメの店、感想等などを
「これから自転車で日本を縦断したい!」という全ての方に発信します。その中でもコストをあまりかけたくない方、時間がない方、主に学生さんにオススメするブログです

あれから半年以上たち、いろいろ落ち着いてきたので日記形式にしてまとめていきます!

宜しくお願いしますm(_ _)m